フェイスケア ヘアケア 光美容器 シェーバー ボディケア コスメティクス
美顔器比較表 美顔器ギフト探偵
FACE LIFT GYM
顔専用トレーニングジム
それは、あなたの美を真かさせるアプリ。
美顔器アプリで正しく効率的な使い方を学べます

ヤーマン 早すぎたかもしれない製品選手権

2023年9月8日

▼応募規約はこちら

「早すぎたかもしれない製品選手権」キャンペーン応募規約


ヤーマンが時代に先駆けて生み出してきた製品は多々ありますが、今回のキャンペーンでは現在もそのコンセプトが斬新に感じられる選りすぐりの「早すぎたかもしれない」3製品をピックアップしました。

 

■『LED毛穴ソニックブラシ』 2004年発売
毎秒90回の高速振動とLEDの光熱作用で毛穴を開き、頭皮の皮脂などの汚れを落とした後に、お好みのトニックや育毛剤と一緒に使用し浸透*2させるブラシ。大学との共同研究で浸透のエビデンス取得に挑んだ。発売当時は家庭の照明にLEDが登場し始めた頃。「LEDの光を美容に活用する」という概念が一般に馴染みがなかったが、光を活用した研究はこの後も続いた。

 

■『スペーススリム』 2006年発
骨量、体水分量、筋肉量、体脂肪、生活代謝カロリーの5つの体組成を測定。特性に合わせたプログラムをトレーニングパッドへ無線電波で送信し、エクササイズができる高機能EMS機器。創設当初からヤーマンはアルゴリズム生成技術を強みとしていたが、発売当時はまだ「パーソナライズ」という考え方が浸透しておらず、複雑で高機能なマシンに時代が追いつかなかった。

 

■『ダンシングEMS』 2013年発売
音楽プレイヤーからBluetooth🄬で音楽を転送するとそのリズムにあわせてEMSの波形が変化、音楽を聴きながら楽しくEMSケアができる機器。飽きずに運動を続ける方法を模索する中で、「音楽を聴きながらトレーニングすると効果が高まる」というエビデンスを基に開発。Bluetooth🄬が普及し始めた時期に登場した「音楽を活用して飽きずに運動を続ける」という楽しいソリューションだった。

 

45周年サイト:Another Story 「早すぎたかもしれない製品群」

https://www.ya-man.co.jp/45yearsofbeauty/history/#another-story

関連記事

Event 2024年2月1日
2024.02.01~2024.02.04 レイボーテクールプロプレゼントキャンペーン!
シャインプロ 2024年1月15日
2024.1.15~2024.1.21【Instagram】うるツヤコンビ プレゼントキャンペーン
Event 2023年12月1日
2023.12.1~2023.12.10 美顔器No.1 冬のプレゼントキャンペーン

TOPICS一覧へ